アイピルのあれこれ   >   アイピルの副作用

アイピルの副作用

ベッドに横たわる女性の画像

アイピルはアフターピル(緊急避妊薬)の中でも効果が高く、価格が安いことで人気の高いお薬です。ただし、やはり医薬品であるため少なからず副作用のリスクはあります。アイピルの副作用はごく稀にしか報告されず、どれも比較的軽い症状なのですが、場合によっては吐き気止めなどで症状を和らげる必要があります。アイピルで起こり得る副作用にはどのようなものがあるのでしょうか。

アイピルの主な副作用として、下記の症状があげられます。
・吐き気・嘔吐
・頭痛
・倦怠感
・眠気 など

どれも発症して24時間以内には消滅すると言われています。しかし、吐き気は稀に酷い状態になることがあるようです。アイピルを服用して2時間以内に嘔吐してしまった場合、薬の成分が十分に吸収されていない可能性が高いため、再度服用するようにしましょう。万が一吐き出してしまって予備のアイピルが無いといった事態を防ぐには、通販サイトで1度の購入につき複数のアイピルを購入することをおススメします。通販サイトでは、複数購入するとまとめ買いの割引が適用される場合が多いのです。

アイピルは安全性の高い薬ですが、肝障害や心疾患、じん疾患のある方が使用すると、重篤な副作用を引き起こす危険性があります。よって、アイピルを服用する前に、必ず注意事項を確認しておくことをおススメします。

なお、アイピルを服用することで不妊症や後遺症を患う可能性があるのかという疑問を持つ方がいますが、アイピルで不妊症や後遺症が発症する可能性はゼロであるとされています。アイピルを始めアフターピルはホルモン剤であるため、副作用が怖いと思われる方は少なからずいますが、用法・用量をきちんと守れば100%安全な薬です。

Copyright(c) 2017 アイピルのあれこれ All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com