アイピルメイン画像

アイピルとは事後避妊のお薬

セックス後の女性の画像

アイピル(i-pill)はアフターピルのひとつであり、避妊に失敗した時に早期に飲むことで妊娠を回避するものです。アフターピルにはノルレボ錠と呼ばれるものがあるのですが、アイピルはノルレボ錠のジェネリック医薬品としてインドで開発されました。アイピルが販売開始されてからいままで、数多くの女性がアイピルを使用して無事に妊娠を回避できているのです。セックスから72時間以内に飲めば75%の確率で避妊でき、24時間以内だとなんと95%以上の確率に上がるのです。

アイピルはインドをはじめ複数の国々で認可を受け、現地の病院などで処方されています。しかし、日本ではまだ認可が下りておらず、日本の病院ではアイピルは処方されません。

日本でアイピルを入手するには、通販サイトを利用するという方法しかありません。通販サイトは、海外医薬品の個人輸入代行を行っている業者により運営されています。アイピルはシンガポールやインドなどから発送され、日本の住所に届くまで日数がかかりますが、プライバシーに配慮して中身がわからない梱包で送られてくるため、安心して取引ができるでしょう。

アイピルは効果が高い緊急避妊薬(アフターピル)ですが、稀に副作用で嘔吐を引き起こすことがあります。服用して2時間以内に嘔吐してしまった場合、薬の成分が吸収されずに外に出てしまった可能性があるため、もう1錠飲む必要があります。その際に1錠しか用意していないと、避妊に失敗するかもしれません。そのようなトラブルに備えて、1度の購入で2つ以上購入しておくことをおススメします。

アイピルは通販サイトだと1錠が1000〜2000円です。病院処方だとノルレボ錠を処方された場合、1錠で15000円ほどかかります。通販サイトはアイピルのような海外医薬品を安く手に入れたい時に大変便利です。詳しくは、「アイピル通販クリニック」をご覧ください。

アイピルの驚くべき作用

女性のおなかの画像

アイピルは緊急避妊のためのお薬ですが、卵胞ホルモンと黄体ホルモンに似た成分を含んでおり、この影響で一時的に妊娠しにくい状態を作り出します。アイピルの具体的な作用をご紹介します。


詳細を確認する

アイピルの副作用

ベッドに横たわる女性の画像

アイピルは安全性が高い薬ですが、吐き気や嘔吐などの副作用を引き起こすことがあります。2時間以内に嘔吐した場合は、再度服用する必要があります。じん疾患など飲んではいけない場合もあります。


詳細を確認する

アイピルは通販で購入しよう

スマホを操作する女性の画像

アイピルは多くの国々で認可されていますが、日本では未だに認可されていません。そのため、入手する際は通販サイトを利用しましょう。アイピルを販売している通販サイトの選ぶポイントを教えます。


詳細を確認する

Copyright(c) 2017 アイピルのあれこれ All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com